野菜嫌いの男性が食べられるようになるには?

野菜が嫌いな理由

大人になっても野菜が苦手な方は多く存在します。ある調査結果によればおよそ40パーセントの大人が野菜を苦手にしているとあります。野菜が嫌いな方も嫌いなままで良いと思っておらず、何度か野菜嫌いを克服しようとチャレンジしているのですが、その大半が克服できずに断念しています。野菜嫌いを克服するためには、先ずは正しい知識を身につけて行かなければいけません。

野菜が嫌いな理由としてあげられるのが、触感が苦手、匂いが苦手、見た目が苦手、そして味が苦手の4つの苦手要素です。特に味に関しては、野菜嫌いの方の多くが苦手としており、克服の大きな妨げとなっています。野菜を嫌いになってしまう大きな要因として考えられるのが、野菜の味の種類です。人間が味を感じる要素は、甘い、しょっぱい、すっぱい、うま味、そして苦みです。小さなお子さんは、苦みを強く感じる傾向があり、甘い味やしょっぱい味、うま味を好む傾向があります。そして苦みと酸っぱい味は、人間が本来もっている危機管理能力によって、口に入れた物が腐っていたり、毒があるように判断されるために、拒否反応を起こしてしまいがちなのです。

酸っぱい味や苦みは、大人になるにつれて、徐々に食べても大丈夫だと理性で判断することができるようになりますので、食べられるようになってくるのですが、幼少期に無理やり食べさせられた経験であったり、料理を作ってくれる方の調理の腕などによって、苦手意識が植え込まれてしまうと、大人になっても苦手になってしまうのです。